心と空 くもり時々晴れ@40代で自律神経失調症になったトッティのブログ

働き盛りバリバリの40代で自律神経失調症になりました。この経験を活かしてメンタルヘルス系のブログをスタートしました。その他、書ける事は色々書いていこうと思いますので、よろしいお願いします。

MENU

HSPの働き方。敏感すぎる人に向いた仕事はどんな仕事でしょうか?

f:id:totti41:20190220091719j:image
どうもトッティです。

敏感すぎる気質を持つHSPの人たち。その敏感すぎる気質から、一般の人たちと仕事をするとストレスや悩みを抱えやすいと思います。

そんなHSPの人が自分の力を思う存分発揮できる仕事ってどんな職種でしょうか。

働き改革が注目されている昨今、HSPに向いた仕事を調べてみました。

 

HSPにとっての仕事とは?

敏感すぎる故に周囲の人に気を使い過ぎてしまい疲れ切ってしまったり、周囲の人の気分に影響を受けてしまいやすいHSPの人にとって仕事選びは非常に重要ですよね。

周囲の環境が良ければHSPの人は本来の力を発揮して、きっと素晴らしい実績を残すことが出来るでしょう。

しかもHSP特有の周りの空気を敏感に感じとる気質や共感力は、人のして欲しいことを先回りして出来たりして、仕事の出来る人だと思われがちです。

しかし周囲の環境が合わないと自分の力を発揮できず、その仕事はただただ苦痛の時間になってしまうこともあると思います。

まさにHSPの人にとっては仕事の職種や職場の環境は死活問題になる事があるんです。

www.tottiblog.xyz

特に「内向型」HSPさんにとっては、自分の性質をコンプレックスと捉えてしまいがちなので、会社という集団に馴染めないと「甘え」「考え方が不適切」とされてしまい、周囲に理解されない苦悩が始まります。

そして「もっと努力しなさい」とか、「自己管理が出来ていない」など、HSP以外の人には理解出来ない苦しい言葉を浴びせられてしまうのです。

 

HSPには仕事がいいの?

HSP特有の敏感さは、時として仕事の人間関係には悪い影響が出ることがあります。そして他人との境界線の薄さが、他人の嫌な感情でもキャッチしてしまい、HSPには苦しみとなってしまうんです。

それで結局ストレスが溜まってしまい、体調を崩してしまうなんてことも有り得ることですので、職場の環境には十分に注意が必要です。

www.tottiblog.xyz

また、仮に職場で自分がHSPだとカミングアウトしても、一体どれほどの理解を得ることが出来るでしょうか。

世の中の80~85%の人は非HSPです。つまり世の中は非HSPの理論で動いていると言っても過言ではない訳です。

つまりHSPの人が「私はHSPだから理解して」と叫んだところで、非HSPには響かないことの方が多いと思われますし、なんならHSPという気質を言い訳に甘えてるんじゃないの」と思われたって仕方がないことなんです。

そもそも、まだHSPという気質への理解は低いと言わざるを得ません。最近はネットのニュースでも見かけるようになりましたが、HSP事態を知らない人の方が多いでしょう。

 

HSPの適職とは?

HSPであるが故に、生きづらかったり働きづらかったりなんて経験は、HSPなら経験してる方が多いのではないでしょうか。

私自身、ひとつの職場に長くいて、会社での立場が上になってくるにつれて、上と下からの板挟みにあってしまったりして、最終的に気疲れしてしまい、転職したこともあります。

また、結婚や子供が誕生したことで「今までのようじゃまずい」と考えて、無理をしてストレスを溜めすぎて自律神経失調症にもなってしまいました。

ではHSPの人は、どういった仕事でHSPの強みを活かせるんでしょうか。

おそらくググればたくさん良いサイトがヒットすると思うので、あくまでも私の主観で書いてみようと思います。

ひとりの時間や空間を作れる仕事

例えば先程も書いたように、他人の影響をモロに受けてしまうのがHSPの特性でもあります。

ひとりでマイペースに仕事が進められることは、HSPの人にとってとても落ち着いて仕事が出来ると思います。よくフリーランスや自営業が良いとされるのは、この事が大きな理由なのでしょう。

逆にマルチタスクなどは苦手なので、電話をしながらPCを操作するコールセンターやテレアポなんかの仕事なんかはキツそうです。

感性を活かせる仕事

HSPの人は繊細な作業が得意です。そういった意味ではアーティストやエンジニアやプログラマーなんて仕事は向いていると思われます。でもアーティストやエンジニアは誰でもなれる職業じゃないのが難点です。

そもそも本当に職業が合ってない?

HSPの人だって様々な職種の人がいます。単純にHSPに合わない職種があるならば、HSPの人は路頭に迷ってしまうでしょう。

ということは、ただ単純に今の職場の環境があなたに合ってないだけなのかもしれませんよ。

youtu.be

 

最後に

繊細な気質を持つHSPの人は、一般の人よりも社会で生きていくことに苦労が伴うでしょう。

特に大人になると学生時代とは違って、友達付き合いの他にもビジネスの付き合いなんてものまで増えてしまい、HSPの人にはストレスが溜まりますよね。

やはり仕事を選ぶ上でも、HSPという特性を考慮しないと、他人に振り回され、疲れきって退職をするなんてことになってしまいかねません。

また合わない環境で我慢しすぎると、ストレスが溜まりすぎて心を病んでしまいますよ。

HSPさんも、そうじゃない人も、自分を大切に出来る仕事の環境を見つけられるとハッピーですね。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。