心と空 くもり時々晴れ@40代で自律神経失調症になったトッティのブログ

働き盛りバリバリの40代で自律神経失調症になりました。この経験を活かしてメンタルヘルス系のブログをスタートしました。その他、書ける事は色々書いていこうと思いますので、よろしいお願いします。

MENU

こだわりが頭から離れなくなっていませんか?強迫性障害のお話し

f:id:totti41:20190118084317j:image
トッティです。

今回も不安症の時に、別の機会に書くと言っていた強迫性障害のことを書いてみようと思います。

 

強迫性障害とは?

みなさんの中で「験を担ぐ」人っていらっしゃいますか。また、朝のテレビの占いコーナーのラッキーアイテムにこだわってみたり。それ以外でも趣味や家事などにこだわりがあったりする人も少なからずいらっしゃると思います。

話は変わりますが、外出する時に途中で「家の鍵を閉めたっけ」とか、「コンロの火をちゃんと消したっけ」なんて不安に感じること、誰でも1度位はありますよね。まぁだいたいは思い過ごしなんですけどね。

強迫性障害は、このようなこだわりがや不安が暴走してしまい、「頭から離れない」とか、「分かっているけど確かめずにはいられない」など、そのことによって普段の生活に支障をきたしてしまうんです。

f:id:totti41:20190118140339j:image

強迫性障害|病名から知る|こころの病気を知る|メンタルヘルス|厚生労働省

 

最近このブログでも度々出てくる世界保健機関(WHO)も、機能障害の10大疾患のひとつに挙げるほどの疾患なんですよ

f:id:totti41:20190118143755j:image

強迫性障害|病名から知る|こころの病気を知る|メンタルヘルス|厚生労働省

  

強迫性障害になるとどうなる?

ひと口で強迫性障害と呼んでも、「強迫観念」「強迫行為」の2つの症状があるんです。

強迫観念は「あれしなきゃ」とか「これやんなきゃ」って思考で、強迫行為はその思考を行動にすることです。

f:id:totti41:20190118143731j:image

強迫性障害|病名から知る|こころの病気を知る|メンタルヘルス|厚生労働省

 

頭の中では意味がないことだってわかってるんですよ。だけど止められない。

しかもそれに時間を掛け過ぎてしまい、生活に支障が出てしまうんです。

強迫性障害の原因は、また出ましたセロトニンの機能障害です。

f:id:totti41:20190118145259j:image

無意味な行為が止められない〜強迫性障害

 

この不安障害系の症状の原因は全てセロトニンさんが絡んでくるんですね

もうこうなったらセロトニンをガンガン出すしかないでしょ。

セロトニンは朝日を浴びたり、バナナを食べると出てくるそうです。お金もかからないし簡単な方法なので、騙されたと思って試してみて下さい。それで少しでも良くなれば儲けものでしょ。

www.tottiblog.xyz

  

強迫性障害の治療

先ほどの原因でセロトニンの機能障害と紹介しました。ということはセロトニンの障害をなんとかすればいい訳です。

治療では主に服薬による治療と、認知行動療法とう治療法を用いるようです。

f:id:totti41:20190118150037j:image

強迫性障害について | メディカルノート

 

基本的には不安障害とパニック障害の治療と同じような感じです。ただ認知行動療法のところに「暴露反応妨害法」って初めて見る言葉がありましたね。これってどんな方法なんでしょう。

f:id:totti41:20190118232926p:plain

tokyo-cbt-center.com

わざわざ患者さんに嫌な状況に合わせるんですよ。こうして刺激に慣れさせるんです。それは最初はきついことでしょう。しかし、これを実践し続けることで必ず不安は下がっていくそうです。

youtu.be

 

最後に

誰にだってこだわりはあると思います。しかしそれが行き過ぎてしまうと苦しくなってしまいます。さらにそれを自分でコントロール出来ないとしたら、それは苦痛としか言いようがありません。

脅迫性障害はきちんと治療をすれば必ず良くなるそうなので、我慢せずに医療機関を受診して、苦しみから解放されてはいかがでしょうか。

そうすればきっと楽しい毎日がそこには待っていますよ。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。