心と空 くもり時々晴れ@40代で自律神経失調症になったトッティのブログ

働き盛りバリバリの40代で自律神経失調症になりました。この経験を活かしてメンタルヘルス系のブログをスタートしました。その他、書ける事は色々書いていこうと思いますので、よろしいお願いします。

MENU

トラウマって知ってますか?心の傷とメンタルヘルスのお話

f:id:totti41:20181217141449j:image

どうも、トッティです。

トラウマって言葉をたまに聞きますが、

あなたが人間関係のストレスを抱えやすい人ならそれはトラウマのせいかもしれないんですよ。

今回も自己肯定感の記事の時に後ほど書くと言ってました、メンタルヘルスにはとても重要なテーマ「トラウマ」について調べてみました。

www.tottiblog.xyz

 

トラウマってなに?

トラウマは日本語で心的外傷と言います。

心や身体をガッツリ傷つけられた事で、長い間そのことにとらわれてしまう状態を指します。

トラウマの原因は色々ありますが、例えば

児童虐待や性虐待などの虐待行為、強姦、戦争、犯罪や事故、いじめ、暴力、パワハラ、セクハラ、モラハラなどハラスメント行為実の親によるDV、大規模な自然災害などです。

心的外傷 - Wikipedia

こういった心の傷を抱えてしまうと、ふとした瞬間にトラウマの記憶が突然よみがえる

フラッシュバックなどが起こります。

私の聞いた話しでは、人前で文字を書くときに、字がふるえてしまった人がいたそうなんですが、それがトラウマになってしまったそうです。ホント誰にでもあるようなことでも、その人の捉え方次第ではトラウマが出来てしまうようです。

それで、その方はテレビなんかで

「人前で誰かが字を書くシーン」を視ただけでフラッシュバックが起こるようになってしまったそうです。

さらに持続的に苦痛を受けると急性ストレス障害となってしまうのですが、さらに恐ろしいことに、その一部は1ヶ月以上の急性ストレス障害が続くことによって

心的外傷後ストレス障害 (PTSD)

となってしまうそうなんです。

近頃は自然災害も多く、よくテレビなどでもPTSDという言葉を聞くと思いますが、そういった強いストレスをずっと受け続けてPTSDが発症してしまうのですね。

あと、幼少期の成長過程で虐待などにより抱えてしまったトラウマを発達性トラウマと言います。虐待じゃなく、過保護過ぎに育てられてもトラウマになることもあるようですよ。

私も中学時代のいじめがトラウマとなって、40歳を過ぎた今でも当時の友人の姿を見ただけで、動悸がして、当時の記憶が甦ってきます。

まぁ、そうなることが分かってるので、同窓会なんかの集まりには行きませんが。中学の時のいじめについて触れた記事もありますので、ぜひ読んでみて下さい。

www.tottiblog.xyz

 

トラウマを治療してうつ病が改善されたなんて事例もあるようですので、トラウマがメンタルに及ぼす影響は大きいのではないでしょうか。

 

トラウマが出来るとどうなるの?

トラウマは過度な恐怖から自分自身を守るために生まれます。

例えば危険な目にあった時でも、その怖かった思いをその場で処理できればトラウマは出来ないそうです。

しかし、その場で処理できずに恐怖を抱えたままだと、その記憶が心の中で冷凍保存されてしまうんだそうです

つまり食べきれなかったおかずをジップロックに入れて、冷凍庫に保存するイメージでしょうか。

冷凍保存された記憶は、普段は冷凍庫の奥底にしまってあるのですが、

何かのきっかけでその傷に触ってしまうと記憶が一瞬で蘇り、再び恐怖に襲われてしまうのだそうです。

つまり冷凍してたことを忘れてて、それが突然冷凍庫から出されてレンジでチンされてしまうんですね。

さらに恐ろしいことに、トラウマを抱えた人はい確率でうつ病や不安症などの他障害を合併することがあるとのことです。また、アルコール依存症摂食障害を合併することもあるそうです

まさに踏んだり蹴ったりです。

 

トラウマはどうやって治すの?

普通の怪我なら絆創膏を貼ったりして、時間が経てば勝手に治りますよね。トラウマも時間の経過とともに記憶が整理されてトラウマも過去のものになっていきます

しかし、強烈な恐怖体験によって出来たトラウマが3ヶ月以上続くようなPTSDを発症してしまうと、専門的な治療が必要になるようです。

PTSDかどうかを知りたい人は、セルフチェック出来るサイトもありますので、こちらでセルフチェックしてみてはどうですか。

f:id:totti41:20190110124233j:image

簡単診断(心的外傷後ストレス障害(PTSD)) | 医療法人和楽会

では、専門的な治療とはどんなものでしょうか。

認知行動療法

認知行動療法とは、

心の傷を受けることによって出来たトラウマの症状、そしてそれが原因で起きてしまう「抑うつ状態」や「強い罪悪感」に対して効果的な心理療法だそうです。

認知行動療法では、自分のトラウマの経験を理解し、整理できるかを考え直し、トラウマをときほぐす作業をするそうです。

では、実際にどんなことをするのでしょうか。

f:id:totti41:20190108134456j:image

PTSDに対する認知処理療法|研究|認知行動療法センター

あと、カウンセラーさんに聞いた話ですが、目を動かす運動のトラウマ治療もあるんだそうです。理由は分かりませんが、トラウマの解消に効果があるようですよ。

f:id:totti41:20190110124344j:image

医療法人和楽会HPwww.fuanclinic.com

このようなトラウマの治療法があります。治療法に関しては専門の医師やカウンセラーさんと相談して、自分にあったものを行って下さい。

薬物療法

トラウマの薬物療法は、トラウマを薬物によって直接治療する訳ではありません。他の精神疾患と同様に、心や身体の症状を薬で抑える事が目的となります。

ですのでトラウマを治療して克服するには、認知行動療法EMDR療法を行った方が良いのですね。

youtu.be

 

まとめ

トラウマは私たちを過度な恐怖から守ってくれるためにあることが分かったかと思います。しかしその恐怖があまりにも大きすぎたせいで、その出来事に心が縛られてしまうのですね。

専門家による治療を行えばトラウマは改善されますので、お悩みの方は早めに専門の医療機関にかかってみてはいかがでしょうか。

私も今度の治療の時にでも、主治医の先生に相談してみようかな。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

それではまた次回にお会いしましょう。トッティでした。